リピっとキャバクラ
  • 夜の店
  • お店で楽しむ

利用を重ねることによって

少し通ったぐらいでは本当の良さがわからない

キャバクラは、何度も繰り返し利用することによって、本当の楽しさが理解ができるようになってきます。
自分もそろそろアラフォーからアラフィフへの階段を上る年齢となりましたが、昔はキャバクラはノリというか、お酒をたくさん飲んで、女の子と派手に遊んでこそみたいなところがありました。

それこそフロアの中で目立ってやろうとか、他のお客さんよりも存在感をアピールしようとか若さならではな部分もありました。
今思うと、楽しみ方を全然分かっていませんでしたね。

でも、年齢と共にそうじゃないなと。他のお客さんを意識するのではなく、自分自身がどのように楽しめる場所なのかを考えることこそ大切なテーマなんじゃないのかなって思えるようになってきたんです。

自分の中の意識が変わって

意識を変えることによって見えてくるもの

自分の中での考え方が変わると共に、女の子とも勢いやノリだけで話を楽しむのではなく、じっくり腰を据えて会話が楽しめるようになっていきました。

おかげで女の子がどのような個性を持っているのかがわかるようになったり、どのような相槌を打つのかなどを観察したり、自分の話をじっくりと聞いてもらうなど、違った楽しみ方ができるように。

大人になって色々と見えてきたこともありますけど、何度も利用を続けたことによる成果ではないのかなって思いますね。

ページ
トップへ